2009年8月23日 (日)

RENT@アカサカサカス

RENT@アカサカサカス
はい。
こっそり内緒で行ってきてしまいました( ̄▽ ̄;)

来週も観劇旅なので、今週は内緒☆
…この歳で何言ってるんでしょうかね。


でも。1999年に初めて「RENT」日本版を見て以来、観劇にのめり込んでいったくらい、
このミュージカルにはパワーがあって、大切な指針を授けてくれる機会なんです。

今回も観劇して、心の煤を払えた清々しさが満ちています……☆

初めて見て以来、来日版は毎回欠かさず見ていますが、今後も見続けていきたいと改めて思いました。

……と、細かい観劇レポはまた別途にアップするとして。

今回、強行で向かったので交通手段は車です!
新しい赤坂ACTシアター二回目にして、車で参戦。

赤坂サカス内のBIZタワー地下に駐車場があったので、アクセス良好。
ただし、たどり着くまでがハラハラ・ドキドキ……。
高速道路の渋滞、一般道の混雑。
一応考慮していたのですが、やっぱり生モノですから。
ぎりぎり飛び込みになるかな? と不安になりましたが、それは避けることができました(^O)=3

そんな本日の結論「観劇は電車でいこう」

| | トラックバック (0)

2009年6月 5日 (金)

近況からもう10 月のことまで。

最近、何だか覚束ない感じです(>_<)
頭の中がホワイトアウト状態〜〜(´〜`;)

そんな中。
ミラクル、とでも言いましょうか……。

8月の舞台「斉藤幸子」と「牡丹灯籠」のチケットがプレオーダーで確保できました♪

しかも。二公演ともに楽日ーーO(≧∇≦)o

全ての運が注ぎ込まれた気がしてなりません(笑)

早くも今月、☆新感線の秋公演のFCプレが開始するというのに……。

自分のバースデーから開幕、というのも(勝手に)プレゼントのような気がして楽しみなんです♪

生の舞台で、また素敵な瞬間に出会えますように……。

| | トラックバック (0)

2009年3月 8日 (日)

ジューダスが聞こえる……

木目木奉の、新パートナー解禁だとか、
何だか慌ただしい心模様です……。

しかし。

そんな中でも、ムクムク沸き上がる期待と興奮……。

そう!
劇団☆新感線「蜉蝣峠」
14日に観劇してきまーす!

久しぶりだわ、赤坂ACTシアター!!


15日イベントなのですが、
前入りして14日は新感線ワールドに浸ります。

なので私のスケジュールは全て前倒し…。
現在アップアップしてます(>_<)


蜉蝣峠。
クドカンの初時代劇。
いのうえ歌舞伎《壊》パンクですからね〜。

メタルマクベスがストライクだったので、今回も期待してしまうのも必然。

しかも、堤(つっつん)真一センパイと、古田さんの共演!!

しかもつっつんセンパイ、悪役だし。

☆新感線の悪役って、もれなく悪の美学街道まっしぐらで、カッコイイ。

あぁ……ドキドキする(笑)

とにかく、今はイベントに向けてやるべき事をします!


◇雑記
ケラリーノ・サンドロビッチさんと、緒川たまきさんがご結婚!
おめでとうございます♪

ケラさん脚本・演出の
「犬は鎖につなぐべからず」
……だっけ?
緒川さんのお着物姿が麗しゅうございました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月30日 (金)

新春舞台話。

仕事が忙しくて、まだハードディスクに録画したドラマを見てないです(泣)

今回のゲストは濱田マリさん!
昨年夏の劇団☆新感線「ゴエモンロック」で拝見しましたが、
姑息な感じの役も似合っていたので、今回も楽しみなんです♪

五右衛門ロックは、楽しかったな〜。
ゲキシネでも上映決定しているので、気になる方は是非!
ザッツ☆新感線なお祭り舞台は、気持ちよいです(^-^)

舞台といえば、
今年の観劇始めは蜉蝣峠になりそうです。
マルグリットも観にいきたいのですが、日程未定……(-.-;)

6月には地球Gージャスの舞台もあるし(木村佳乃さん客演!)、
8月にはレントのブロードウェイツアーキャスト公演がある!!

しかも、上記は全て赤坂ACTシアターで上演。
……演劇の神様の仕業!?

コミック「黒●事」も舞台化されるそうで、
かなり気になるのですが……
なんだか「テニミュ」テイストになりそうで、どーも……(´〜`;)
最近漫画原作の舞台も増えましたねー。
作品の雰囲気で、舞台向き、不向きもあると思いますが……
人気ある! ヒットしてる! よーしメディアミックスだぁ!
というノリで、舞台……っていうのはいただけないです。

舞台を、格式張ったものだ! と思っているわけでもないけど……
何故かぴりぴりしてしまうのです。はい。

| | トラックバック (0)

2008年11月25日 (火)

黄泉の国へ〜♪

黄泉の国へ〜♪
行ってきました。

そして実感。
私、やっぱりこの作品が大好きです!

そしてそして。
武田トートの成長が目覚ましです。
ウィーンの流れを汲む、ロックテイストなトート閣下が、
ちゃんと彼なりに確立されている気がします。

この方は動きで魅せる妖しさがありますが、
そこに磨きがかかり、帝王としての風格も加味されてきたかなー……と。

山口閣下は、動を静で現せる気迫の持ち主様だから、
同じ役とはいえ、演じ手さんが代われば役柄も違ってきて、
それがまた世界観を広げるんですねー。

シシィは……皇后としてのお姿そして貫禄と、後半は脆さが秀逸☆


あー。
他にも色々刺激があって、
久しぶりの観劇をたーっぷり堪能致しました。


M様。
良席のチケット手配、ありがとうございました!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月14日 (金)

ラジオからこんにちは

ただ今、ナイナイのオールナイトニッポンを聴取中☆

そこで突如、劇団☆新感線のフレーズが聞こえてきてびっくり!

なんでも、数日前に岡村さんが小栗旬さんの自宅に招かれて、
山田孝之さんを交えた食事会をしたそうです。

その時の大型テレビに映っていたのが、劇団☆新感線のDVD!

役者二人はじっくりと芝居談義をする中で、岡村さんもDVDを視聴。

名前は知っていたけれど、初めて見る劇団☆新感線の舞台。
おもしろい! と思ったと同時に、古田新太さん、カッコイイ!と感じたそうです(#^.^#)

殺陣もこなしている古田さんを見て、この人こんなにかっこええ人なんや!
と思ったそうです。

小栗さんも「舞台の古田新太はかっこいい」と話ていたそうな……。


でしょ?(笑)

古田さんはやっぱり舞台が似合う人なんですよね!

……でも、何のDVDかな?
古田さんで殺陣がある……(?_?)
髑髏? 吉原? 阿修羅?
まさかレッツゴー!?

| | トラックバック (0)

2008年7月30日 (水)

五右衛門Rock で夏祭り!!

五右衛門Rock<br />
 で夏祭り!!
ゴエモンロック最高だー!\^o^/

7月28日。東京楽日、大盛り上がり!まさに夏祭り!
見栄を切るかっこよさに悶え、拳突き上げてRockにのって。幸せな一日でした!
最近はご無沙汰な、これぞ劇団☆新感線! という正統派的作品。
歌あり、踊りあり、物語あり、けれんみたっぷりご都合主義!

楽日を着物で観劇するという夢も達成しましたし♪

カーテンコールの「五右衛門ロック」では、和服でジャンプ! 拳突き上げ↑↑

観劇後はM様とアフタートーク☆
M様、暴走する私に呆れることなく付き合ってくれて、本当にありがとうございました<(__)>
今度は黄泉の国にご一緒できると幸いです(笑)


新感線の劇団員がコマ劇場に立っている、絡んで殺陣をしている〜!
それだけで感慨深くなってウルウルしてしまったり……(T^T)
楽日マジックなのか?客席も異様なテンションで、ライブフェス並の一体感があったり。
あ〜劇団☆新感線の良さってこれなんだなぁ、と実感して帰路につきました。

今回はキャストもみなさんハマリ役で、もう一度出演して欲しいなぁという方々ばかり。
北欧路さんと古田さんの握手姿が、カンパニーの結束力、暖かい雰囲気を物語っていました☆

色んな想いがまだまだあるけど、あとはゆっくり噛み締めてしまい込みます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年5月24日 (木)

アクシデントが力になる!~エリザ5月16日観劇~

またエリザベート観劇。
今回はなんと舞台途中にアクシデントが!

なんと一幕前半、「結婚式」の場面前に演奏が舞台が中断。
下手にスタッフが出てきて、トート役のマテさんが怪我をしてしまい、代役を立てて続行するとのコメントが発表されたのです。
それまでマテさんが出ていた場面は少なく、その時点では怪我をされた様子は見えなかったのですが…。
舞台裏で何かあったのかもしれません。

ざわつく会場内。
けれど舞台は進みます! Show must go onです。

すると観客としては、その代役の方がどんなお方か期待して待ち構えてしまうもの。
それでも流石ですね。
見事にトートを演じてくださいました。
そして彼を後押しするように、ほかのキャストの方の熱演も光っていました。
アンサンブルの聞かせどころ「ミルク」とか、ただならぬ迫力。
さらにエリザベートが亡きルドルフに語りかける場面では、涙もみえ、声も震えていて悲壮感が心を揺らしました。
指揮のミヒャエルさんも、時折彼の表情などを振り返りみてペースをコンディションを見守っていました。

もちろん舞台は無事終幕! カーテンコールの拍手も鳴り止みませんでした。

そして。幕が閉じた後。キャストの方たちも代役の方を囲んで労いの拍手と声援を送っていたのが聞こえました。
本当に暖かいカンパニーなんですね。

こんな事は観劇してきた舞台の中でも初めてでしたが、明らかに舞台上の結束力が高まったのを肌で感じることができました(^^

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年5月21日 (月)

さようなら(ToT)/~~ エリザベート

19日。
母とエリザベート観劇。
また観て来ました(^^;)
あまりにも素敵で、しかもオーケストラの姿を見ることが出来る演出なんてもう無いかもしれないし!
…そんな言い訳をしながら劇場に通う事を正当化してきました(苦笑)
公演は明日が最終です。
けどチケットは取れず、私にとって今日が最後。

舞台は母も満足してくれて何より(^-^)
誘った人が気に入ってくれると、やっぱり嬉しいですね。

今日の指揮者は4回の観劇中三度目となるミヒャエル・レーマーさん。
おそらく今回が最終という事で、娼婦に絡まれたり(笑)オチャメな所が垣間見れたりしました。
力強い指揮が印象的で、タクトの動きの癖?も解るようになりました(^^ゞ
でももうお別れ(泣)

劇場を後にして銀座で宝くじ、その他諸々を買って帰宅。

その晩。またしてもドイツ語辞書とにらめっこをしていた私。
後悔はしたくないもんね。
20日にお花の宅配手配を完了させました。

素晴らしい舞台に出会えた事に感謝(*^_^*)

去年の5月はメタルマクベスを観ているんですよね〜。
この時期の巡り会いは相性いいみたいです。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年5月17日 (木)

指揮者がええねん

10日。
ウェスティンで美味しく朝食をいただき、ブラッセリーでお土産のシュークリームを買ってチェックアウト☆
昨晩辛味の料理を食べたのが功を成して、体も少し軽くなり、昨日よりはマシになりました♪

またお泊りしたい!ウェスティン!スタッフが温かいホテルは居心地が良いです(^ー^)

その足で再び新宿コマ劇へ。
ウィーン版コンサート再観賞☆
同じ段取りで進む舞台。
キャストの歌唱力、動きのキレは磨きがかかってます(~▽~@)♪♪♪
だけど何かが違う…。
オーケストラの演奏が、キレのある音のまとまりになっている…?
よく見ると指揮者さんが昨日の方とは違っていて、音楽監督も務めているカスバー・リヒターさんがタクトを振るっていました。
指揮者の存在だけで、音の盛り上がり具合、曲の強さ柔らかさなどが、変わってくるんですね〜。

印象的なのが、曲の中でスピード感を出すときにバイオリンパートにその雰囲気を示していたところ。

(ex.二幕皇后が倒れた所~トートを拒否する場面)

巧みに弦楽器パートを操って、曲の深みを表していた気がします。

初めてこの違いを体感。
今日の公演は、カスパー・リヒター氏に視線をもっていかれてしまいました。
その指揮の動きも優雅、力強さの緩急があって素敵でした☆

…やばい。
「また観たい」病がでてきてる〜(>_<)

| | コメント (1) | トラックバック (2)